ラジナレッジ

ラジオやテレビ番組で語られた知識・情報をお伝えするサイトです。

博多大吉、寝る前と目覚めた後では場所が異なる「お酒を飲みすぎたのが原因!?」

      2014/09/30

2014年9月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金曜日13:00-15:30)において、お笑い芸人・博多華丸大吉の博多大吉が睡眠中の出来事について話していた。

ベッドで寝る人もいれば布団で寝る人もいる。
ベッドで寝ている、もしくは寝ていた人で今までベッドから落ちた経験はあるだろうか?また寝る時と目覚めた場所が異なることがあるだろうか?
博多華丸は泥酔した時には寝た場所と目が覚めた場所異なることがよくあるそうだ。

赤江珠緒:ずいぶん秋めいて寝つきが良くなりましたでしょ。

博多大吉:熱帯夜がなくなりましたので。

赤江珠緒:先生寝つきのほうはいかがですか?

博多大吉:けっこうスーッと眠れますよ。

赤江珠緒:スーッ眠れる。私もそうなんですよ。寝つきにまったく悩みがないのですけど、この間人生初という経験をしました。

博多大吉:なんでしょう?

赤江珠緒:睡眠中に。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:ベッドから落ちるという。

博多大吉:初!?

赤江珠緒:初。これはやりそうな行動としてよくよくあげられますけど、よく考えたら落ちたことがないなと思って。

博多大吉:赤江さんはね。

赤江珠緒:あります!?

博多大吉:いや、けっこう私は落ちていますよ。

赤江珠緒:ベッドから!?

博多大吉:うん。

赤江珠緒:体ごと!?

博多大吉:ドン!!というのは数えるほどしかないですけど、半分はよくあります。

赤江珠緒:足だけとか?

博多大吉:下半身だけとか上半身だけとか落ちている。

赤江珠緒:あ~。上半身だけ!?

博多大吉:うん。頭に血がのぼって起きるみたいな(笑)

赤江珠緒:上半身だけはけっこう怖いですね。

博多大吉:うん。だから冷たい所を探しているんでしょうね、たぶん。

赤江珠緒:あ~。

博多大吉:うちはベッドで寝ているので、ベッドというかマットレスで、フローリングの冷たい所を探して、結果的にねじれた感じで寝ているとかはよくありますけど。

赤江珠緒:でも見事に寝転がったままドンと落ちたことはあります?

博多大吉:あることはあるけど。

赤江珠緒:ある!?なかったんですよ、私。夜中にちょっと夢でうなされていたんですね、悪夢みたいな確かに見ていて。それで気が付いた時にはちょっと空を飛んでいるような状態で。ベッドの高さといっても30センチ、40センチほどですから縦に飛べばなんてことがない高さですけれども。

博多大吉:はいはいはい。

赤江珠緒:寝ている状態で先生、あの落ちた時のあのフワッとした感じ。それで体の3点くらいが異様に痛かったんですよ。肩と肘と膝と、痛いんだけど眠いし寝ぼけているからそのまま戻って寝ているんですけど、寝ながら自分が今落ちたなという。落ちたというのことが。

博多大吉:それは意識してわかっていることなんですね!?

赤江珠緒:落ちましたね。だからその時にまだまだ人生初の経験はあると思って。意外とやりそうで周りの人に訊いても落ちていないと。

博多大吉:なるほど。

赤江珠緒:大人になってからは特に。

博多大吉:子供の頃はあったにしろ。けっこうお酒を飲む人はあると思いますよ。記憶をなくすほど泥酔すると。

赤江珠緒:落ちるとか!?

博多大吉:うん。ゴロゴロンとなって。

赤江珠緒:そうですか!?

博多大吉:うん。そういう経験はないですか!?

赤江珠緒:けっこう飲んでいたりはしますけどね。

博多大吉:飲んでいて、朝起きたら違う部屋で寝ていたとかないですか!?

赤江珠緒:う~ん、ありますね。それはあるな。

博多大吉:キッチンマットの上で寝ているとか。

赤江珠緒:結局ベッドに行かずにそこで寝たのかみたいなことは。キッチンマットはすごいですね、先生。だってキッチンでしょ、キッチンマットということは。

博多大吉:だからその新たなキッチンマットの可能性を探しているのだと思いますよ。

赤江珠緒:流しの下ということでしょ(笑)

博多大吉:そうそう(笑)ベッドで寝るのよりもこっちのほうがフローリングが近くて。水場も近いから涼しいのではないかという本能が探し出しているのだと思うのですけど。

 - たまむすび