ラジナレッジ

ラジオやテレビ番組で語られた知識・情報をお伝えするサイトです。

土田晃之、つけ麺が大好き

   

2014年7月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日曜日12:00-14:00)において、お笑い芸人・土田晃之がつけ麺について話していた。

リスナー:今週、東京駅のラーメンストリートで六輪車の行列に並ぶ土田さんを見ました。ガチのラーメンファンだったことに感動。結構テレビの世界の人ってファッション的にファンを公言する人って多いじゃないですか。好きでもないのに、足を運びもしないのに好きだとか言い張る人が多いこと多いこと。毎週このラジオを聴いていて、この人は本当につけ麺が好きなんだと思っていたところでのこの遭遇。これからもらーかす頑張っていきましょう。

土田晃之:ありがとうございます。ちなみに東京駅の六輪車僕2回目なんですよ、食べるの。東京駅に行っても、ラーメンストリートというところに行ってももういつも六輪車は長蛇の列でございまして、まったく食べられなかったんですけど。実はこの前日に大崎の、もともと本店があって、大崎の駅のすぐに近くの所にまた六輪車出したんですよ。そこにちょっと前に今年出したという噂を聞いていたんで、テレビ東京の天王洲スタジオというところで収録が隔週あるので、「そういう時大崎に早めに行って、大崎の六輪車に行ってみようかな」みたいな。店もけっこう座席数が多いからそんなに並ばないかもしれないと思って、前に言ったら大崎で食べられたんです。久々に六輪車で食べたらうまいなと思って。また次に天王洲スタジオに行く時に行こうと思って行って、実はこの東京駅に行く前日だったんですよ。それで行ったら、やっぱり1時半くらいに行くと大崎はサラリーマンの方が多いのでまだ行列があるんですよね。なんで駅のTSUTAYAに行って時間をつぶしまして2時に行ったら、外に行列がなかったのでこれはと思っていたらその六輪車の従業員の服を着た人と業者の、サラリーマンの格好をした業者の方としゃべっていて、なんかこういろいろお仕事上の感じなのかと思って近くに寄って行ったら、「あれっ、土田さんじゃないですか」って言って。「えっ!」?と思って見たら、それが六輪車をもともと作った大将のみたさんで。すごい久々に会って、「あれー、大将をやっているのですか?」みたいなな。六輪車なんて大きな会社だから、そんな大将自らお店に出ることなんてないと思っていたから、「実は今日から六輪車がラーメンを発売しまして」「ああ、そうですか」って言って。みたさんの奥さんが僕の高校の後輩なんですよ。みたさんがその時「土田さん、お子さん4人でしたっけ?」「うち4人ですよ」「うちは六輪車だから6人頑張ります」って言って(笑)「なんだそれ」って言いながら券売機でつけ麺を買おうかなと思っていて、「土田さん、つけ麺食べますか?」って言うから「はい」「今日からラーメン発売なんですよ」って言って来られたんで、「あ~、そうですね」って言って「あ~、じゃラーメン食べようかな」って言って、ラーメン食べたんですけ。まあまあ美味しかったです、ラーメン美味しかったです、もちろんラーメン美味しかったんですけど、次郎系とかが好きな、こってりがっつりしたラーメンが好きな若いにーちゃん達もいける感じの濃厚なラーメンです。ただ野菜とかが多くかったりとか麺がすごい多かったりするわけではないので。ボリュームがちょっと足りないと思うかもしれないけど、次郎系とかが好きなファンの人とかも食べられる感じの美味しいラーメンでしたけど。ただやっぱりつけ麺を食べに行ったテンションだったので、ラーメンを食べたからどうしてもねっていう。そうしたら次の日に日テレで15時半に終わったんです。そうすると15時半という時間は、それぞれのラーメン屋さんはお昼休憩に入ってしまうんですね。だいたい3時くらいとか、2時くらいとかに休憩に入って、次が夕方5時、6時くらいになるから、「ああ、どうしようかな。どこもラーメン屋さんやっていないな、食べたいな」と思っていた時に東京駅だったらラーメンストリートがずっとやっているというので行ったんです。そうしたら六輪車があんまり並んでいなかったんです、ちょっと。僕が並んだのは5分くらいだったんですけど、これだったら並べると思って久々に並んで、そのところをみられちゃったんですね。リスナーさんに。中に入って食べたら「ああ、やっぱり美味しいな」と思って。でも前日ラーメンだったんでやっぱりつけ麺はうまいわということで六輪車、二日連続で六輪車に行ったというのがありました。あそこは板橋区役所前の「しゅう」っていうつけ麺屋さんに行ったんですけど、ここも魚介とその動物系と濃厚で。久方ぶりにこれは全部食べきれないかもしれないというくらいパンチがあったんですね。あと綾瀬の「のろし」「二代目のろし」っていうところも行きまして。それは4日くらい前かな。「のろし」行きました。それもちょっと時間があったんです。ちょっと噂で聞くけど、埼玉県の北大宮というところに「のろし」の本店があるんです。僕1回も行った時ないんです。1回行った時にその日が定休日でダメで、そうしたら東京にあって、そこもうまいよと聞いたので、これは行かないとということで、足立区綾瀬にあるところに高速道路に乗ってわざわざ行きまして。ここも濃厚で、本店はとんこつ系なんです。ここは鳥のだしかなかで。それを魚介と混ぜているらしいんですけど。本店よりはさっぱりしている感じだということらしいんですけど。でも十分濃厚で、スープは本当にドロドロで僕大盛りを頼んだんですけど、大盛りの麺を食べ終わる頃にはスープ全部なくなるくらい。全部麺に持っていかれるというか。だから濃厚で、味も伝わってきてうまくね。良かったですね。あと、このラジオ終わりでよく行く門前仲町の「えんどう」さん。遠藤も一昨日ですか、バイキング終わりで行ったんですけど、まさか行ったらですね、まだ1時半くらいだったのにお店が営業していなかったんですね。「おいおい、ふざけるなよ」と思って、そんなわけないだろうと思って行ったらちょうどお店から奥様なんですかね、出てこられて、車のところに来られて「ひょっとしてうちの店に来ていただいたんですか?」って言うから「そうなんです」って言って、「ごめんなさい、今ブレーカー落ちちゃって」って言って。営業できないです、ブレーカー落ちちゃって大変なことになっちゃって言って。大パニックですよね、「えんどう」さんがね。でもたぶん今は営業されていると思いますけど。あと、住吉の「なかがわかい」につけ麺に行ってね。美味しかったですよ、「なかがわかい」やっぱりバランスとれているなと思って。錦糸町の近くの住吉というところにあるんですけど。曳船というところも鳥だしのほうの「なかがわかい」があったりとか。紙屋町!?紙屋町じゃない、神保町とか御茶ノ水とかあっちのほうにもあるんです。あっちは鳥だしじゃなくて牛骨だしかなんかです。やっぱり本店に久々に行ったらうまいなと思って、バランス良くてね。やばいですね、このままだったらつけ麺の話が終わりませんけど(笑)

 - 土田晃之 日曜のへそ